一戸建て住宅の建築工法

バナー

一戸建て住宅の建築工法

一戸建て住宅の建築工法についての説明をします。

一戸建て住宅を建てる際の住宅建築工法としては、主に6つあります。


1つ目の工法は、木造軸組工法、です。


在来工法とも言います。

日本に古くから伝わる建築工法です。柱の上に梁を載せて構造体を作ることから、木造軸組工法と言う名称で呼ばれています。


この工法の利点は、開放感のある開口部を作ることが出来る、狭い土地でも効率よく家屋を建てられる、和風・洋風などの様々な外観を実現できる、増改築が簡単、など、です。

2つ目の工法は、2x4工法、です。

壁式工法とも言います。
2インチ×4インチの大きさの規格材を主に使用して構造体を作ることから、2x4工法と言う名称で呼ばれています。

合理的に家屋を建てることができます。


3つ目の工法は、軽量鉄骨プレース工法、です。

木造軸組工法における木材を軽量鉄骨に置き換えて、ブレース(筋交い)を入れた建築工法です。

外断熱について解説いたします。

4つ目の工法は、重量鉄骨ラーメン工法、です。

4階建て以上の建物で採用される工法なので、一戸建て住宅では滅多に採用されません。

川口の注文住宅のサイトが登場しました。

厚い肉厚の鉄骨を使用することで、建物を鉄骨の柱と梁だけで支えることができます。
5つ目の工法は、鉄筋コンクリート壁式工法、です。
現場で鉄筋を組んだ後に、型枠を組んで、コンクリートを流し込み、躯体を作る工法です。



引張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを一体化させることで、高い強度を生み出します。
6つ目の工法は、プレハブ工法、です。

構造部材を工場で生産し、その部材を現場で組み立てる工法です。



Copyright (C) 2015 一戸建て住宅の建築工法 All Rights Reserved.