日本社会における求人問題と若者の製造業離れ

2015年4月の日本経済新聞において、日本の求人倍率が昨年と比較し、増加したとの掲載がありました。

特に製造業における求人倍率が増加したとのことです。

しかし、日本の社会における人手不足はまだまだ解消されていません。

Yahoo!知恵袋に関して悩んだら、是非お試し下さい。

そして、就職できない若者もまだまだいるというのが現状です。


これには様々な要因が複雑に絡み合っていると考えられるが、その理由の一つとして若者の製造業離れが考えられます。製造業というと、工場で直接製品を触り、仕事にもよりますが、油まみれになることもあるというイメージが若者に定着していることが考えられます。

また、ベルトコンベアーでの単純作業と腰や腕などを使う肉体労働というイメージも加わることにより、社会に出たら、お洒落して椅子に座ってパソコンを打つという若者の仕事への理想からかけ離れてしまっていることが要因の1つと考えられます。


しかし、他の仕事であっても、事務職であれば、コピーとり等の単純作業をすることは多く、営業であれば真夏に汗水たらして外回りをし、取引先に頭を下げなければならないことを考えると、上記のイメージは何も製造業に限ったものではないと言えます。

もっとも、就職する側だけではなく、採用する企業の側にも問題があります。



求人内容を見ると、「経験3年以上、経験者求む」といった内容が多く、これでは若者が働きたいと思っても働けない状況を企業側が作りだしていると言えます。

企業としては、若者を積極的に採用し、資金・時間・労力をかけて育てあげる必要があるのです。

日本の人手不足という求人問題を解決するには、社会として取り組んでいく必要があります。

製造業の求人の情報を確認できるサイトです。